鹿児島県教育会館維持財団

〒892-0816
鹿児島県鹿児島市山下町4番18号

☎099-225-2667

鹿児島県民教育文化研究所

施設名 鹿児島県民教育文化研究所
所長 今村 悟
所在地 〒892-0804
鹿児島県鹿児島市春日町4番60号
TEL:099-247-4514
FAX:099-247-4583

 鹿児島市春日町、鹿児島市立大竜小学校の東隣に位置している築80年以上を経過した古い和風家屋である。戦後、割烹「春日園」として活用されていたものを、1960年に教育会館維持財団が買い取り、離島や地方の教職員や児童生徒の宿泊所「春日寮」として使用されてきた。
 1981年に「鹿児島県民教育文化研究所(初代所長:椋鳩十)」設立、1988年「親と子の教育相談室」を開設し、「子どもの最善の利益」のための拠点としてのとりくみを継続してきました。
 日本庭園に囲まれ穏やかな雰囲気の中、訪れた相談者たちとの交流や、教職員の安らぎの場・サークル活動等に利用されています。

保護者・子ども・教職員の教育相談室

こんにちは。
子ども、保護者、先生方の、学校・子育て・教育全般の困ったこと・心配なことについて、相談を受け続けて四半世紀が過ぎました。「相談者と対等な立場に立ち、共に悩み考えながら解決の糸口を見つける。」という基本姿勢で、多くの相談を受けています。

さあどうぞ!お話しください。しっかりお聞きしますよ。

相談場所
〒899-0804
鹿児島市春日町4-16鹿児島県民教育文化研究所内
(鹿児島市立大龍小学校隣)
相談日時
月曜日~金曜日 午前10時~午後4時まで
休室日
土日・祝日と春・夏・冬休みの一定期間
相談方法
面接・電話・FAX・メ-ル等にて
専用電話:099-247-4583
FAX:099-247-4516
(FAX・メ-ルは相談依頼受付に限ります)

アクセスマップ

赤羽王郎記念館

 明治~昭和期の教育運動家・小学校教師
1886年長野県上伊那郡生まれ。尋常小学校の教師として、明治の国家主義に対し、大正デモクラシーと呼ばれる民主主義・自由主義の風を受けつつ『白樺派』の運動に共鳴し参加。雑誌『白樺』の美意識・ヒューマニズムを拠り所としたとした子どもを中心に据えた自主編成の実践や同和教育にとりくむ。「戸倉事件」をきっかけに長野を追われ、朝鮮京城への赴任を経て、鹿児島県奄美大島に赴任。以後、長野・中国・岩手を経て、再び鹿児島に。  1953年退職の後、鹿児島県教育委員会事務局嘱託、鹿児島県教職員組合教育研究会講師を兼務。教育活動家として修正をつらぬいた。
 教育研究集会の講師としても、また自ら進んで県下の学校を回り鹿児島県下の教職員へ大きな影響を与え、当時の南太三鹿教組執行委員長とも交流が深く、没後、鹿教組の大きな財産としてその遺品を譲り受け、県民文化研究所に赤羽王郎記念館を設置することとした。

情報公開

お問い合わせ